偽閉経療法|子宮筋腫と子宮内膜症の治療 私のケース

偽閉経療法よりり闘病

婦人科で「多発子宮筋腫」と「両側卵巣嚢腫」がみつかり、造影剤MRIで卵巣嚢腫は「チョコレート嚢腫」だと診断されました。(詳しくはこちら

チョコレート嚢胞の治療は、手術をして摘出するつもりでしたが、夫が白血病の治療中なので、しばらく薬で様子を見ることになりました。

そこで医師に言われたのが「偽閉経療法」です。

まず偽閉経療法について簡単に説明したいと思います。

偽閉経療法とは

【偽閉経療法】
薬を使って月経を止める治療方法

子宮内膜症は月経のたびにゆっくり進行していき、月経痛、下腹部痛、排便痛、性交痛などの痛みは鎮痛剤で和らぎますが、内膜症は改善されません。
子宮内膜症は女性ホルモンであるエストロゲンに反応して大きくなり、閉経後にエストロゲンが低くなると小さくなります。そのため薬を使って体を閉経している状態にするのが、偽閉経治療です。

偽閉経療法には『GnRHアゴニスト』と呼ばれるホルモン剤を使用します。

『GnRHアゴニスト』
脳下垂体に働いて卵巣を刺激するホルモンの分泌を下げ卵巣の働きを抑えます。

【効果】
卵巣の働きが抑えられると卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が低下し、閉経したのと同じ状態になります。点鼻もしくは4週間ごとの注射での投与で排卵・月経がとまります。

治療中は月経がとまるので、月経に伴う症状はおさまり子宮内膜症も小さくなりますが、治療を中止すると元の状態に戻ってしまいます。

子宮内膜症や子宮筋腫の治療薬として使用されます。

GnRHアゴニストの種類

  • リュープリン1.88/4週間毎皮下注射
  • リュープリン3.75/4週間毎皮下注射
  • ゾラデックス1.8/4週間毎皮下注射
  • スプレキュアMP1.8/4週間毎皮下注射
  • スプレキュア/1日3回点鼻
  • ナサニール/1日2回点鼻

副作用について

よく起こる副作用は、不正出血・更年期症状・骨粗しょう症です。

①不正出血
月経が完全に停止せずに少量の出血が続いたり、月経が停止するまで3カ月以上かかることもあります。

②更年期症状
のぼせ、ほてり、頭痛、肩こり、いらいら感、不眠など、一般の更年期障害でみられる症状が出る可能性があります。副作用が酷い場合には症状を緩和するために漢方薬などを使用します。

③骨粗しょう症のリスク
骨密度の低下がおきるため、原則最長6カ月の投薬、あるいは休薬をして投薬を繰り返します。骨密度の低下予防には、カルシウムの摂取と運動が有効です。

GnRHアゴニストは長期間の投与は出来ませんが、子宮内膜症による「チョコレート嚢胞」を小さくしたり、骨盤内の炎症を鎮静化する作用があるので、手術の成功率を上げるために一時的に使用したり、閉経に至るまでの一時的な避難として使われたりします。

参考 日本医科大学付属病院東大病院

子宮内膜症「チョコレート嚢胞」私の治療方法

多発性子宮筋腫と両側卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞)がみつかり、チョコレート嚢胞の大きさも6.5㎝と5㎝で手術適用の大きさでしたが、お薬での治療になりました。

まず初めに偽閉経療法のため、「リュープリン1.88」を月経がはじまった日から5日以内に注射することになったので、先日病院へ行ってきました。

朝、病院へ電話をして確認をすると、来てくださいとのことだったので病院へ行きましたが、この日は予約外になるのでかなり待つと覚悟していました。でも、少し待っただけで名前を呼ばれました。

診察室とは違う部屋に案内されて、看護師さんから薬の説明されたのが、今日1回目の注射をして、2回目は4週間後、3回目はそのまた4週間後にすると言う事でした。

1回目だけは、月経中に注射をしないといけないそうです。

どこかでお腹に注射をすると読んだので、てっきりお腹にするものだと思っていたら、普通に腕に注射されたので痛みもそれほどなく、あっと言う間に終わりました。

私の治療予定は、注射を4週間毎に3回した後に「ディナゲスト」を服用します。

初診の医師からは、ディナゲストだけの説明しかありませんでしたが、手術日の相談に行った時、別の医師に子宮内膜症の症状が結構あることを告げると、注射をしてから薬の服用になりました。

ディナゲストは副作用として不正出血があるので、まず偽閉経療法の注射をしてからのほうが、出血も少なくなるだろうし腹痛などの症状も軽くなることが期待できるとのことでした。

注射をしたのが月経3日目でしたが、その後の痛みはいつもよりマシなような気もします。ただ倦怠感があって、起きているのがつらいのは変わりがないです。

※1回目の注射をした日のお会計は¥7480でした。

私はこのような治療方法になりましたが、人によって症状も個人差があるので治療方法も違ってくると思います。医師と相談してご自分が納得いく治療を選択してください。