患者の不安や辛さを軽減する為に「病室にWi-Fiを!」

20210116白血病ブログ

病室にWi-Fiを!

ネットやTwitterで見かけて激しく同意したのが「病室にWi-Fiを!」

これは夫が入院中にずっと思っていた事です。

まだ自由に面会ができていた時でも、Wi-Fiがあればと思ったけれど、コロナで面会禁止になってからは、本当に必要だと感じていました。

中にはFree Wi-Fiが使える病院もあるようですが、それはまだまだ少数。

夫が入院した病院は、どこもありませんでした。大きな大学病院でもなかったので、やっぱりまだ少ないようです。

なぜWi-Fiが必要なのか

入院すると患者は孤独になります。

治療の為に入院していても、夫の場合ほとんど点滴ばかりで、暇を持て余す状態でした。

ベットから動けなくてただ寝ているだけ。狭い病室で何もせずに寝ているのって、なかなか辛いものがあります。

入院期間が短ければまだ良いですが、長くなると身体の辛さ、病気に対する不安、治療について、治療費など金銭的な事、仕事の事、いろいろな事を考えて精神的にまいってしまうこともあります。

そんな辛い思いをしていても、家族や友人が面会に来てくれると、元気がでて治療を頑張ることが出来ます。夫や他の患者さんを見て感じたのは、面会は患者にとってとても重要だということ。

夫は、面会時間中ずっと私にいて欲しいと望むほど、入院生活は孤独に感じていたようです。

面会時間以外はLINEでやりとりしたり、電話で話したりすることもあったけれど、やっぱり顔を見て話すと安心感が全然違うんですよね。

今、コロナで面会禁止になり孤独や不安を感じている患者さんが、少しでも家族の顔を見られて、通信費を考えずに連絡できるよう、病院でWi-Fiが使えるようになって欲しい。

Wi-Fiがあれば、動画や映画を見たりゲームをすることで気晴らしもできます。パソコンで仕事をすることだってできます。

「病室のテレビを見ていれば良いんじゃないの」

そう思う方もいるかもしれませんが、テレビカードが必要だし、興味のない番組を見る気にならないことも多いんですよね。それに最近は家でもテレビを見ない人も増えています。

自分でWi-Fiを用意している患者さんもいましたが、お金がかかることなので、誰でもというわけにはいきません。

うちも、ただでさえ治療費にお金がかかり、治療がいつまで続くのかわからなかったので、Wi-Fiレンタルまでできませんでした。余裕があればレンタルできたのに、夫にはいろいろ我慢させてしまって、可哀そうでした。

今でも病院のベッドにすることもなく、ただ横になっていた夫の姿が目に浮かびます。

患者さんの為に一日でも早く、全ての病院でWi-Fiが使えるようになって欲しい。そうなれば、精神的に少しでも楽になり、治療にも良い効果があるんじゃないかと思っています。

 

Wi-FiルーターのレンタルNETAGE