月経痛が起こる原因や症状|私の場合

月経痛よりり闘病

月経痛に悩まされていませんか?
「月経は病気じゃないし、痛みがあってもそれが普通だからしょうがない」と何年も痛みを我慢して、仕事や生活をされている方も多いんじゃないでしょうか。

そのつらい月経痛がなぜおこるのか、その原因を調べてみました。

月経痛(生理痛)について

・月経(生理)
「子宮内膜がはがれ落ち血液と一緒に体の外に出されること」

・月経痛
月経では「プロスタグランジン」というホルモンが分泌され子宮の収縮をうながし、月経血を押しだします。このプロスタグランジンの分泌が増えすぎると収縮が強くなり、下腹部痛など痛みの原因になります。

他にも、胃腸の動きにも影響をあたえるので、吐き気や下痢の原因にもなります。

【月経困難症】
腹痛が酷い、腰痛や頭痛、吐き気、下痢、めまいなどの症状がある、鎮痛剤が欠かせない、仕事ができない、など日常生活に支障をきたすような状態のこと。

月経困難症には2種類あります。

  • 「機能性月経困難症」
    特にこれといった病気がなく起こる月経痛。
  • 「器質的月経困難症」
    子宮筋腫や子宮内膜症などの病気によるもの。
    子宮内膜症は年々増えていて、20代の前半からみられる病気です。

月経による痛みには

【適度な運動】
骨盤の血流の流れがうっ血し、痛みを強くすることがあるので、適度な運動で改善することもあります。例えばウォーキング、ジョギング、ヨガ、簡単な屈伸運動なども効果があるとされています。(うっ血=血流の流れが滞ること)

【痛み止め(鎮痛剤)の服用】
痛みが酷くなってから薬を飲むよりも、早めに飲むほうが少量でよく作用します。我慢せずに
早めに薬を飲んでください。

【低用量ピル(OC)】
子宮筋腫や子宮内膜症などの疾患がない月経痛は、排卵した後に卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が原因です。この黄体ホルモンの分泌を抑えれば痛みは予防できます。

つまり、『排卵を一時的にストップさせ黄体ホルモンを分泌しないようにする』ことです。

排卵をストップさせるには低用量ピルが効果的で安全な方法になります。避妊薬としても使いますが、月経痛治療薬としても使うことができます。

【超低用量ピル(LEP)】
月経困難症治療薬、子宮内膜症治療薬として保険適用。

ピルを服用することで、痛み止めが必要だった人でも必要なくなり、仕事や日常生活が楽に過ごせるようになります。ただし、ピルの服用で排卵がストップするので妊娠はできません。

月経痛だけでなく月経前症候群(PMS)にも有効とされています。

月経前症候群(PMS)
月経の1~2週間前から頭痛、イライラ、むくみ、腰痛、吐き気、などいろいろな心と体の症状があり、月経がはじまると症状が軽くなる病気です。

病院の受診をしたほうがよい場合

  • 月経のたびに激しい痛みが増していく
  • 月経期間が長い
  • 月経の量が多い

このような症状は、子宮筋腫子宮内内膜症などの病気が疑われるので、早めに婦人科で超音波検査(エコー)を受けることをおすすめします。

動悸、たちくらみ、めまい、などがある場合には貧血が疑われるので、内科で血液検査をして下さい。貧血がある場合や、月に2~3回月経が起こる場合は婦人科で月経異常の原因を調べる必要があります。

参考 ヘルスケアラボ
くすりと健康の情報局
   教えて生理痛

私の月経痛の原因

毎回痛みがあり鎮痛剤が必要で、寝込むこともよくありました。
でも、思い返すと昔は痛みはあったけれど、学校や仕事にも行っていたし、痛み止めもたまに飲むくらいでした。

それがだんだん痛みも酷くなって、月経のたびに薬が必要になり、腹痛だけでなく他の症状が出るようになったんですよね。でも、それもよくあることで、ただ月経が重い体質だと思っていました。だから病院には行っていませんでした。

そんなある日、我慢できないほどの腹痛と嘔吐で救急車を呼ぶ羽目になり、病院で検査。大きな病院への紹介状をもらい、また検査をして「子宮筋腫と卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞)」が見つかりました。(詳しくはこちら 子宮筋腫卵巣嚢腫子宮内膜症

チョコレート嚢胞は子宮内膜症が原因なので、今までの月経痛はただの月経痛ではなく、「器質的月経困難症」だったことが初めて分かりました。

私は内診がどうしても嫌だったので、病院へは行かなかったけれど、さすがに救急車にまでお世話になったのに嫌だと言っていられないですよね。なので、詳しく検査して治療することにしました。

子宮筋腫と子宮内膜症は、たぶん何年も前からあったんだと思います。これは婦人科で検査すればすぐにわかることなので、月経痛が以前より酷くなったと思う方は、一度検査することをおすすめします。

卵巣嚢腫は大きくなると、卵巣の根元が回転する「茎捻転」を起こした場合、突然の激しい痛み、嘔吐、ショック状態に陥ることもあり、そうなると緊急手術になることがあります。その他、腫瘍が「破裂」した場合も手術が必要になります。

私は自分に卵巣嚢腫があるのは知りませんでしたが、痛みと嘔吐が突然だったので「茎捻転」を起こしたのかと思いましたが、結果的にチョコレート嚢胞だったので、この場合癒着していることが多くあまり捻転は起きないようです。

子宮筋腫や卵巣嚢腫があっても経過観察で良い場合もありますし、どんな状態なのかを知っておくことも大切です。月経痛が酷いようなら、早めに病院へ行くようにして下さい。